害虫や害のある動物の駆除が必要な環境ある

方法は色々

鳩を駆除するための色々な方法について

鳩は建物やベランダなどに糞を撒き散らします。また、帰巣本能があり特定の場所に執着する性質を持っています。鳩の糞は建物の外観を損ねるのみならず病原菌を含んでいる可能性があり危険です。加えて酸性であるために建物の劣化を早めます。そのため、このような糞害を防ぐためにも駆除の必要性が出てきます。 鳩の駆除に関しては、様々な方法がインターネットなどで紹介されています。しかし、効果が疑わしいものもあり玉石混交の状態です。例えば、鳩を含む鳥一般を避けるために、聴かなくなったCDをテグスなどで吊るす方法が従前より知られています。しかし、この方法は当初は効果があっても、だんだん鳩が慣れてしまって再びやってくるようになることが多いようです。加えて、太陽光を反射するため近隣住民の迷惑にもなりかねません。 そこで、ネットやスパイクを設置して物理的に避けたり、忌避剤を撒いたりする方法が一般的になっています。

鳩駆除のための業者はどのように選ぶべきか

近年では、鳩による被害が広く知られたため、駆除を行ってくれる業者も増えました。そこで、業者に駆除を依頼する際には、業者を選定しなければならないわけですが、どのような点に注意すれば良いでしょう。 まず、鳩に対して有効な駆除を行うには、現地調査を行って被害の状況等を確認しなくてはなりません。駆除方法はネットやスパイク、忌避剤など様々な方法がありますが、どの方法がベストかを見極める必要もあります。そこで、無料で現地調査や見積もりを行ってくれる業者複数に対し、現地調査と見積もりを依頼し、費用や駆除の方法等を比較検討すると良いでしょう。 現地調査も行わずに費用などを提示する業者については、あまり信頼できません。といいますのも、上記の通り具体的な方法などは現地を見なければ決められませんし、後から追加費用を取られる可能性もあるからです。

Copyright© 2015 害虫や害のある動物の駆除が必要な環境あるAll Rights Reserved.